脳卒中・認知症予防の第一歩は『高血圧管理』

2018.03.16

2018年7月末に厚生労働省より2016年の日本人の平均寿命が発表されました。女性は87.14歳、男性は80.94歳で、男女ともに香港に次いでの世界第二位でした。本邦の平均寿命が延びる中、自立して生活できる寿命、いわゆる『健康寿命』を伸ばすことが重要と考えられています。この健康寿命を左右する重要な疾患が、脳卒中と認知症(アルツハイマー型と動脈硬化による血管性に大別)です。この二つの疾患は、高血圧がもっとも重要な基礎疾患になります。健康寿命の延伸に向けて『高血圧管理』が重要です(引用:日本高血圧協会会報21号)。